『若いね!』っていわれる9つの習慣

健康・美容

『若いね!』っていわれる9つの習慣

あなたはなんと言って褒められたら嬉しいですか?

「可愛い」「綺麗」など誉め言葉はいろいろあるけれど、

「若いね~」「えー!そんな年に見えな~い」って言われたら嬉しいですよね?

「若くみえる」=健康にもとても大事なのです。


「かわいい」「キレイ」など、容姿に対するほめ言葉は色々ありますが、世代を問わずに言われて嬉しいのは「若く見える」と言われることではないでしょうか。

見た目の若さが健康に影響しているのは、海外の調査で分かってきたのです。

調査の結果、全体の37%に当たる675人が亡くなっていて、そのほとんどが実年齢より老けてみられていたそうです。

肌のシワやタルミが健康状態と関連しているとするなら、それを軽くみてはいけないかもしれませんね。

どうしたら若くいられるのか・・・

①喫煙、ストレス、過度のアルコール摂取、運動不足などの習慣をやめる。

②正しい姿勢を心掛ける。

③寝る前は必ず化粧を落とす。水分を小まめにとる。朝のスキンケアでUVまでしっかりやる。靴下を履いて素足にはならない。自分に合う枕を使う。

④老けて見える首のシワの対策をする。
   (クリームで保湿。天窓というツボを押す。

⑤若々しく見せるために髪型も気を付ける。

⑥年齢が出やすい手もケアする習慣をみにつける。
  (水を使う時は手袋をする。指の間をマッサージする。ハンドクリームをつける)
⑦筋トレをする。

⑧メイクの仕方、眉の書き方を変えてみる。

⑨炭水化物を夜はとらない。初めに野菜サラダ、豆腐、肉の順番に取ると糖化を防ぐ事が出来るそうです。


これは一度やれば良いというものでは無く日々努力する事によって習慣としていきたいですね。
少しでも(若いね!)と言われる生き生きとした女性を目指しましょう。

メイク前の1分間で!若返りのツボ押しマッサージ

テレビ・雑誌で大絶賛 宮原もとみの10歳若返るアンチエイジング方法

顔を洗うだけで20歳若返った53歳の魔女

1

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ